1. TOP
  2. お役立ちコンテンツ
  3. あなたにぴったりのドレス選び

30代にピッタリのドレス選び

30代のドレスの選び方

20代の体型や肌で似合う服や好む服と、30代の体型で似合う服や好む服が異なるように、ウェディングドレスも大きく変わってきます。

大人の雰囲気と色気が自然と溢れでてくる、
30代にぴったりのウェディングドレスの選び方についてご紹介させていただきます。

これからサロンでレンタルドレスを探したり、ウェディングドレスを見学しに行ったりするプレ花嫁の皆さんは是非参考になさってくださいね。

現在の自身の体型を知る

多くのゲストや結婚式場でさまざまな人達に祝福と共に写真撮影をされ、一生に一度の思い出となる結婚式。何の曇りもなく、堂々と自身に満ち溢れた姿でいるためにもウェディングドレスは、一番大切なアイテムです。
30代花嫁が最高のウェディングドレスを身に着けるためには、自身の体型を知ることが必要不可欠。隠したいところは隠して、デコルテや小物で見せ方を変えてスタイルアップをすれば、モデル並みのスタイルになっちゃうマジックができてしまうのです。

一番隠したいところはどこ?

日ごろからストイックな食生活と運動をしていなければ、世の女性のほとんどの方にお腹周りや二の腕・背中など、隠したい体のパーツはあるもの。その隠したいパーツによってある程度のウェディングドレスのラインも定まってきます。

二の腕を隠したい
場合のドレス
お腹周りを隠したい
場合のドレス
二の腕を隠したい場合のドレス お腹周りを隠したい場合のドレス
若いころと異なり、肌のたるみとくすみが気になってしまう二の腕。レースなどのスケ素材の七分丈袖付きドレスなら、腕元をすっきり着こなすことができます。ポイントは細い部分である手首が見える袖丈にすることで、しなやかなスタイルにみせることです。 ウエストのくびれを主張するデザインのドレスは、どこのドレスサロンにも多くあるので隠したくなってしまうお腹のお肉。ある程度であれば、コルセットタイプのドレスインナーで補正が可能です。またドレスのくびれ部分がアンダーバストではなく、ウエスト部分にある方がキュッと締めて見せてくれるのでおすすめですよ。
胸の脇肉を隠したい
場合のドレス
背中のお肉を隠したい
場合のドレス
胸の脇肉を隠したい場合のドレス 背中のお肉を隠したい場合のドレス
ウェディングドレスは普段よりも肌の露出が多くなりさまざまな部分に目がいってしまいますが、特に気になるのが胸元の脇肉。ドレス用のブラジャーやインナーを着用しても消しにくい脇肉は、ビスチェが深いタイプのドレスや胸元から肩下のラインに花のコサージュなどのポイントのあるもので隠してしまいましょう。 30代になって一番気になるのが、後ろ姿の印象。20代のころはなにもしなくても肩甲骨周りにあった骨が浮き出た天使の羽が、いつの間にかお肉に埋もれてしまっていることに気がついたなんてことありませんか?
ドレスの上にお肉が乗っているなんてことがないように、あえて背中が大きく開いているドレスですべて見せてしまいましょう。露出が気になってしまうという方は、背中が浅くVネックになったタイプを選ばれることをおすすめします。

現在の自身の体型を知る

胸が小さいのが気になる
花嫁さん
二の腕が気になる
花嫁さん
胸が小さいのが気になる花嫁さん 二の腕が気になる花嫁さん
ドレス用ブラジャーにパットを詰めるのも良いですが、胸元がハート型になっているドレスだと胸のお肉が自然に寄せられ、スタイルアップに。 また、あえて二の腕を出すことによってすっきり見せる効果があるのが、ホルターネックタイプのドレス。フィンガーレスグローブを組み合わせると、指まで届くので腕も長く見えます。