1. TOP
  2. お役立ちコンテンツ
  3. レンタル派vs購入派

レンタル派vs購入派

色々なドレスやタキシードを試着してお二人にピッタリの衣装をコーディネートしましょう。

ウェディングドレスを決める時に迷ってしまうのが、ドレスをレンタルするか購入するか。
レンタルドレスも購入ドレスも、どちらもメリットデメリットがあり、式のタイプやスケジュールによってもさまざまです。
今回、大阪ドレスサロンプルメリアのスタッフが、メリットデメリットをご紹介いたします。

レンタルドレス




メリット
デメリット
黒 白
1.リーズナブルに済む
レンタル派の最大のメリットは、費用を安く抑えられること。レンタル料と購入費用が同じドレスがあったとしたら、レンタルドレスの方が良い質のものが着られる場合が多いです。
最近のレンタルドレスサロンや式場は品揃えが多いので、自分のお気に入りのウェディングドレスを探してみましょう。
大阪ドレスサロンプルメリアは、最新デザインのレンタルドレスを数多くご用意しております。
2.保管場所や手入れが要らない
ドレスサロンでレンタルしたウェディングドレスならば、着終わった後のことは考えずにそのまま返却が可能です。
洗う必要も保管する必要もなく、手間がかかりません。ウェディングドレスを保管する場所がない場合は、ドレスサロンでのレンタルがおすすめです。
3.手配がスムーズ
式場によっては、レンタルのウェディングドレスが含まれている場合があります。
当日必要なものが全てセットになっているプランは、一度に手配が済ませられるため、安心して当日が迎えられます。
また、万が一体系が変わった場合に、ドレスサロンによってはサイズ変更が可能なこともあるので事前にチェックしておきましょう。
1.好みのドレスがない
式場のプランを気に入って、いざレンタルのウェディングドレスを見てみると「好みのドレスがない」「既に借りられている」ということがあります。
ブライダルシーズンは特に早めに予約を取り、お気に入りのウェディングドレスを早めにキープしましょう。
2.自分に合ったサイズがない
既製品のため、ドレスサロンにはサイズに限りがあります。
ウェディングドレスは体のラインが綺麗に見えることが大切ですので、ぜひ自分の体型を最大限に美しく見せるウェディングドレスをドレスサロンで探してみて下さい。

購入ドレス




メリット
デメリット
黒 白
1.何度か着る機会がある
海外挙式と国内挙式を行う方や、ウェディングドレスを何度か着る機会がある方は、ドレスサロンでのレンタルよりも、購入した方がリーズナブルです。
予算を設定して、どういったデザインのウェディングドレスを購入するのか、明確にしてみましょう。
2.純白のドレスが着られる
一生に一度の挙式。純白のウェディングドレスが着られるのは購入派の最大のメリットであり、何より一番の自慢になります。
思い切りこだわって、オーダーメイドで作るのも素敵です。
挙式まで時間にゆとりがある場合は、じっくり考えてみるとよいでしょう。
3.気にせず着れる
ドレスサロンでの借り物のドレスではなく、自分だけドレスのため、食事や移動の間に汚れを気にする必要がありません。式中は、余計なことを考えなくて済むのもメリットの1つです。
◎こんな嬉しいメリットも
購入した末に、保管や手入れに困ってしまったウェディングドレスは、レンタルドレスサロンへ売るなどの手段がありますが、思い入れのあるウェディングドレスは、いつまでも記念に残しておきたいものです。
そんな方には、パーティードレスやドレスの小物へリメイクしてみるのもおすすめです。
1.持ち込み料がかかる場合がある。
お金をかけて購入したウェディングドレスでも、式場によっては更に持ち込み料がかかる場合があります。
また、会場までの郵送に手間もかかるため、挙式まで時間がないタイトなスケジュールの場合は注意しましょう。
2.保管、手入れに困る。
ウェディングドレスを着終わった後にはクリーニングが必要ですし、保管場所にも困ります。
ボリュームのあるゴージャスなデザインのドレスや、トレーン(スカート部分)の長いドレスは、クローゼットに収まりにくいことも。
そういった場合は、長期保管できシワになりにくい、専用の保存パックなどの購入がおすすめです。