1. TOP
  2. お役立ちコンテンツ
  3. マタニティのドレス選び

マタニティのドレス選び

こちらでは、マタニティのウェディングドレスの選び方について、ご案内致します。

マタニティウェディングの場合は、妊婦さんの身体に負担のかからないデザインのドレスを選ぶことがポイント。お腹を締め付けないデザインのウェディングドレスがおすすめです。

こちらでは、マタニティのウェディングドレスの選び方について、
ご案内致します。

ウェディングドレス選び方のポイント

妊婦さんのウェディングドレス選びのポイントは、挙式時の体型を意識してドレスを選ぶことです。
ドレスサロンでの試着時はそれほどお腹が目立っていなくても、挙式当日は大きくなっていると予測出来ますから、大きくなったお腹を意識した選び方が良いでしょう。また、胸も大きくなりますので、試着時のバストラインとは変わることを考えてドレスを選ぶようにします。

マタニティにおすすめのウェディングドレス

体に負担をかけず、シルエットを美しく見せてくれるウェディングドレスがおすすめです。

Aライン

Aライン Aラインは、肩から裾にかけてアルファベットのAのように広がっているデザイン。お腹を締め付けないので、妊婦さんにも優しいウェディングドレスです。
胸下で切り替えのあるものはスタイルを良く見せる効果があり、体型をカバーしたふんわりとしたシルエットの中にも、身体のラインを美しく整えてくれるというメリットがあります。デザインによっては上半身がビスチェになっているタイプもありますが、妊婦さんは避けたほうが無難でしょう。
上品な雰囲気のウェディングドレスを着たい、という新婦様におすすめです。

プリンセスライン

プリンセスライン プリンセスラインは、スカートの部分がふんわりと大きく広がるデザイン。
お姫様のドレスのイメージです。ウエストから下にボリュームが出るので、大きなお腹もあまり目立たなくなるのがメリットです。パニエでふくらみの調節が出来、無理せず自然に着こなせます。
可愛らしい雰囲気のウェディングドレスを着たい、という新婦様におすすめです。

スレンダーライン

スレンダーライン 縦長シルエットのスレンダーライン。
あえてお腹の大きさを強調することで、赤ちゃんと一緒にウェディングをするという一体感を演出することが出来ます。
お腹の締め付けがないドレスを選んで下さい。

ホルターネック

ホルターネック ホルターネックのドレスは、胴に負担がかからないのがメリットです。肩や腕を露出することで上半身をすっきりと見せてくれる効果もありますので、いかり肩や二の腕の太さが気になる妊婦さんにもおすすめです。

ロングスリーブ

ロングスリーブ ロングスリーブのドレスは、妊婦さんの身体を冷えから守ります。
レースのスリーブは上品でエレガントな雰囲気で、クラシカルなウェディングドレスや大人っぽいデザインのウェディングドレスが着たい、という新婦様におすすめです。

マーメイドライン

マーメイドライン まだお腹が目立たない時期であれば、身体のラインが美しいマーメイドラインのウェディングドレスを着用するのも素敵です。胸からお腹、ひざ下にかけてのラインが強調されます。
着こなしには、身体のラインを美しく整えるブライダルインナーの選び方もポイントです。

妊婦さんのウェディングシューズについて
妊婦さんのウェディングシューズについて

ウェディングドレスを着用する際は、ヒールの高いシューズを合わせるのが一般的ですが、マタニティウェディングの場合はヒールの高いものは避け、安定感を優先させるのが良い選び方でしょう。
しかし、ヒールが低いシューズではドレスのシルエットが多少変わったり、ドレスの裾が余って歩いた時に踏みつけてしまったりすることもあります。ドレスの裾の長さを調節するか、写真撮影の時だけヒールの高いシューズを履くなど、工夫をすると良いかもしれません。
ウェディングドレスを着て移動する時は、新郎様にサポートしてもらうなど、転倒しないようにお気を付け下さい。

マタニティウェディングプラン
マタニティウェディングプラン

一般的にウェディングはおおよそ1年前から結婚式の準備に入られますが、マタニティウェディングプランの場合は3ヵ月くらい前からでも可能であり、リーズナブルな価格帯のものも多くあります。 妊婦さんの体に負担がかからないようにウェディングの打ち合わせも最小限に抑えられているため、安心してウェディングの準備ができるため大変おすすめです。 式場を決めたら、ぜひドレスサロンプルメリア大阪のウェディングドレスをレンタルしにお越しください。