1. TOP
  2. お役立ちコンテンツ
  3. お悩み別のドレス選び

お悩み別のドレス選び

お悩み別のドレス選び 結婚式にゲストとしてお呼ばれされた際に、花嫁さんを見て「あんなにスタイル良かったかな?」と思うことはありませんか?もちろん、その花嫁さんはダイエットをしたり、ブライダルエステに通ったりし、様々な努力をされている可能性は高いでしょう。

しかし、
自分に似合うドレスを選んだり、欠点をカバーするようなデザインを
チョイスしたりするだけでその印象は大きく変わります。


ここでは、体型別に大まかに似合うドレスをご紹介します。 実際に大阪にあるドレスショップを訪れて、経験豊富なスタッフに相談してみると良いでしょう。

コツを掴んで体型のコンプレックス克服!

「かわいい」「デザインが好き」など、ドレスを選ぶ際についつい自分の好みを重視してしまい、実際に試着をしてみるとイマイチだったり、コンプレックスが目立ってしまったり…、なんていう場合があります。 ウェディングドレスを選ぶ場合、好みだけではなく、自分の長所は引き出し、短所をカバー出来るものをチョイスすれば、誰もが息をのむような美しい花嫁になれるでしょう。 エステやダイエットで補えない部分は、自分に似合うドレス選びで解決することが可能なので、迷ったり悩んだりした場合は経験豊富なスタッフに相談して下さい。

基本の体型別ドレスの選び方

結婚式の主役と言っても過言ではないのが花嫁さん。人生最高の瞬間は、自分に一番に合うドレスで迎えたいものですね。
ウェディングドレスの着こなしに大きく影響するのが身長とボディラインと言われていますが、選ぶ際にちょっとしたことに気をつければ美しいシルエットになります。
カラードレスを選ぶ場合、肌の色によっても似合う色味が変わります。

高身長&痩せ型   高身長&ぽっちゃり
どんなドレスも着こなせる、理想のスタイルと言えます。特におすすめなのは、スレンダーラインやマーメイドラインのタイトなシルエットのドレスです。女性らしさを演出したい場合は、上品なデザインを選びましょう。 スッキリとしたデザインのドレスがおすすめです。Aラインやプリンセスラインなら、重心を下に置くことが出来るため上半身を華奢に見せてくれます。デコルテから肩まわりを華奢に見せるならVネックタイプを。
低身長&痩せ型   低身長&ぽっちゃり
ハイウエストで切り替部分からストレートに落ちるようなシルエットが印象的なエンパイアラインなら、縦のラインを強調出来るため背が高く見えます。装飾も大ぶりなものではなく繊細なモチーフのドレスが良いでしょう。 上半身をコンパクトに見せてくれるAラインのドレスが似合います。マトンスリーブや肩にポイントがあるようなデザインのドレスならさらに良いでしょう。横にラインがあるデザインや大ぶりな柄のデザインはNG。

その他の悩み別ワンポイント

結婚式の主役と言っても過言ではないのが花嫁さん。人生最高の瞬間は、自分に一番に合うドレスで迎えたいものですね。
ウェディングドレスの着こなしに大きく影響するのが身長とボディラインと言われていますが、選ぶ際にちょっとしたことに気をつければ美しいシルエットになります。
カラードレスを選ぶ場合、肌の色によっても似合う色味が変わります。

胸が小さい   胸が大きい   いかり肩
胸元にコサージュといったポイントがあるもの、刺繍があるものを選ぶと良いでしょう。 上半身がコンパクトに見える、ビスチェタイプをチョイスするだけでスッキリとした印象に。 襟があるボレロなどもおすすめですが、アメリカンスリーブやホルターネックでスッキリさせても◎。
なで肩   二の腕が太い   色白
ふんわりとボリュームアップさせてくれる、パフスリーブなら肩幅を広く見せます。 腕が気になるからと隠すのではなく、パフスリーブや七分丈で腕の細い部分だけを露出してもOK。 カラードレスを選ぶ際はパステルカラーをチョイスするとキレイです。小物などはグレー系で上品に。
色黒  
暖色系よりもブルーやグリーンとならエネルギッシュなイメージの花嫁さんを演出出来ます。