1. TOP
  2. お役立ちコンテンツ
  3. ドレス&タキシードのコーデ

ドレス&タキシードのコーデ

色々なドレスやタキシードを試着してお二人にピッタリの衣装をコーディネートしましょう。

夢にまで見た結婚式が近づいてきました。実際の挙式までに様々な過程がありますが、中でもドレスやタキシード選びは、楽しみの一つですね。特に新婦にとっては最も大切なステップです。
ここできちんと考えなくてはならないのはお二人の衣裳のコーディネート。
「なんか会場とちぐはぐ・・・」「二人の衣裳が合っていない・・・」
そんな印象を持たれないためにも、

色々なドレスやタキシードを試着して
お二人にピッタリの衣装をコーディネートしましょう。

ドレスサロンプルメリア 大阪スカイビューサロンなら、きっとお二人にピッタリの衣裳が見つかりますよ。

花嫁のウェディングドレスの色や形に合わせて新郎がコーディネート

白いウェディングドレスには、こんなタキシード

グレー
黒 白 グレー
無難にまとまります。どんな体型や年齢の方でも似合いますし、白いウェディングドレスが一番映えます。お二人を最も引き立てるオーソドックスな色合いです。 新郎新婦二人とも白で合わせるのは、最近の流行です。特にリゾートウェディングやガーデンウェディングなどの屋外の結婚式では、背景に良く映えます。若々しくはつらつとした印象になります。 黒だと少しつまらない、白だと目立ちすぎる、という方にはおすすめです。グレーは、新婦と並んだ時に違和感が出ませんし、コントラストも美しいです。

カラードレスには、こんなタキシード

ピンク・イエローなど
赤や青などの原色
柄物など
ピンク・イエローなど 赤や青などの原色 柄物など
新婦が可愛らしい色のドレスを着用する場合、新郎が黒だと重たい印象になってしまいます。だからといって、同じ系統色を着るとお遊戯会のようになってしまいます。そんな時に便利なのはシルバーやグレーです。新婦が薄い色のドレスならシルバー、濃い目のドレスならば、濃グレーなどを着用すると、新郎は落ち着いた印象になります。 基本的には黒が合います。オシャレな印象を出したいのならば、ネクタイ、チーフ、カマーバンドに同系色の色を合わせましょう。ポイントにだけ色を取り入れれば、しつこすぎずスッキリとしたコーディネートになります。 新婦が個性的なドレスを着用する場合、新郎は無難にまとめましょう。もし同柄のベストがあれば是非着用しましょう。同系色より少し暗めのネクタイなどポイントカラーを少し取り入れ、新婦のドレスを邪魔しないように注意しましょう。

ドレスの形に合わせてもOK

プリンセスライン
Aラインなど
スレンダーライン
マーメイドライン
ミニ・アンクルドレス
プリンセスライン Aラインなど スレンダーライン マーメイドライン ミニ・アンクルドレス
裾が広がった可愛らしいデザインのドレスには、あまりカチっとしすぎないタイプのタキシードが良いでしょう。少し遊び心があるようなデザインもおすすめです。 大人っぽい印象のドレスには同じく大人っぽい印象のフォーマル感が溢れるタキシードが似合うでしょう。裾が長いジャケットなどがおすすめです。 新婦が大胆に肌を露出している場合、新郎も併せて肌を露出してみるのもおすすめ。思い切ってハーフパンツや半袖シャツに挑戦してみても楽しいでしょう。

鉄板!ブーケ、アクセサリー、小物を合わせる

ブーケ
アクセサリー
小物
ブーケ アクセサリー 小物
新婦がカラ―ブーケを持つ場合、新郎のネクタイ、チーフ、カマーバンドを同系色にするとまとまり感が出ます。同じ花のコサージュもおすすめです。 新婦がティアラやネックレス・イヤリングにこだわっている場合は、素材や質感の近いアクセサリーチェーンなどをタネクタイに重ねたり、カマーバンドに重ねたりするのもおすすめです。大きめのブローチも合います。 少し髪の毛が寂しい男性におすすめなのがハット。タキシードと同系色のものを選び、違和感の無いようにしましょう。新婦にもボリュームのあるベールを着用してもらうと、バランス感が保てます。

教会の雰囲気に合わせる

厳かな正統派教会
お城のような
ラブリーな教会
厳かな正統派教会 お城のようなラブリーな教会
新婦は正統派のシンプルドレスに白いブーケ、新郎は黒が濃いグレーのタキシードが良いでしょう。あまりゴチャゴチャと装飾せずに、新郎新婦の素の美しさが引き立つようにしましょう。オフホワイトや薄ベージュのウェディングドレスもおすすめです。 可愛らしいドレスと淡いパステルカラーのタキシードで「夢のお城での結婚式」を演出しましょう。カラーブーケとカラーコサージュでコーディネートすれば、さらに可愛らしさが増します。