1. TOP
  2. お役立ちコンテンツ
  3. カラードレス選びのポイント

カラードレス選びのポイント

もう迷わない!カラードレス選びのポイント 結婚式でウェディングドレスや白無垢だけを選ぶ女性は少なくなりました。披露宴でのお色直し用に1〜2着のカラードレスや色打ちかけを選ぶ方が多くなっています。ウェディングドレスもそうですが、カラードレスは花嫁さんの個性がより色濃く反映されます。色やデザインにこだわって、挙式とは違う雰囲気を演出するとお洒落です。

花嫁さんのセンスが問われるカラードレスだからこそ、
後悔しない運命の1着と出会いたいですね。


ドレスサロンプルメリア大阪サロンでは、カラードレスも豊富にご用意しております。
ここでは、カラードレスを選ぶ際のポイントを紹介します。

自分に似合う色を見つけましょう

自分に似合う色を見つけましょう 披露宴や2次会でのお色直しといえばカラードレスです。ウェディングドレスとは違った雰囲気に変身し、ゲストを「あっと驚かせたい」「自分の個性を出したい」と考えている方も多いでしょう。
でも、いざドレスショップを訪れると、色もデザインもたくさんあって「どれを選べばいいのか分からない」というパターンに陥ることも。そうなる前に、まずは自分に似合うカラーを見つけることから始めましょう。人によって似合うカラーは異なります。自分の肌の色や雰囲気を重視しながら、似合う色を探ってみて下さい。
近年のカラードレスの傾向としては、単色ではなくワンポイントに挿し色を効かせたドレスなど、デザイン性に優れたものがたくさんあります。
ドレスサロンプルメリア大阪サロンでは、コーディネーターが親身になってお客様のドレス選びのお手伝いをさせて頂きますので、カラードレス選びで迷ったらどんどんご相談下さいませ。

カラー別!ドレスの印象をチェック

ウェディングフォト撮影やオリジナリティを出すのに最適にカラードレス。会場の雰囲気やウェディングのテーマに合わせて色味をチョイスしましょう。自分に似合うドレスを見つけることが第一ですが、各色がどんな印象を与えるのかを知っておくと、理想のカラードレスを選ぶ時の目安になります。

ピンク系・レッド系

ピンク系・レッド系 日本人の肌の色に似合うことから人気が高いのが、ピンクや赤系のドレスです。特にピンクは、優しくかわいらしい印象になります。ただし、膨張して見えることがあるため、体型が気になる方や大人の花嫁さんは、デザインでカバーするなど注意が必要です。

レッド系を選ぶ場合、ダークな色合いはキツイ印象を与えることもありますので、かわいらしいモチーフがあしらわれているものを選ぶと良いでしょう。

ブルー・グリーン系

ブルー・グリーン系 爽やかかつ、清楚な印象を与えます。体型が気になる方でも美しく着こなせるので、幅広い年齢の方に人気で、特に落ち着いた雰囲気を出したい大人の花嫁から人気の高い色合いでもあります。

ただし、色が濃すぎると暗い印象を与えることもあります。気になる場合は、ブーケやメイクに明るい色味を加えると和らぎます。

オンレジ・イエロー系

オンレジ・イエロー系 いわゆるビタミンカラーは、明るく元気な印象を与えてくれる色合いでどんな肌の色の方でも健康的に見えます。自然と表情も明るい印象になるのが特徴で、年齢の若い方におすすめです。

グリーン系との相性も抜群なので、写真撮影の際は南国を思わせる植物を一緒に入れると良いでしょう。ハワイなど南国のリゾート地にもぴったりです。

パープル・ブラック・ネイビー系

パープル・ブラック・ネイビー系 濃い色のカラーは、他と違ってシックで上品、また大人っぽい印象を与えます。純白のドレスとガラっと雰囲気を変えたい方におすすめです。レースやスパンコールをあしらったデザインも増えているので、どんな年齢層でも着こなし可能です。逆にシンプルなデザインならスタイリッシュな雰囲気を演出することが出来ます。 色白な方はより肌の白さが際立ち、ぽっちゃりしている方には華奢な印象を与えます。

同じ色でも、濃いものと淡いものでは雰囲気がまったく異なることがあります。ドレスを選ぶ際は、ドレスサロンを訪れて、自分の目で実際にチェックし、試着をして決めましょう。