1. TOP
  2. お役立ちコンテンツ
  3. フォトウェディングの種類

フォトウェディングの種類

最近人気のフォトウェディング。自由度が高く、撮り方にこだわったり、編集にこだわったり、風景にこだわったりと、プロのモデルの写真集にも匹敵するようなアルバムを手に入れることも叶います。
こちらでは、一生に一度の最高の瞬間を写真に残すフォトウェディングについてご紹介致します。

フォトウェディングのすすめ

詳しくはこちら

かつては、“結婚式の写真撮影=結婚式当日”というのが当たり前。そして、新郎新婦が家族として新たに船出する決意表明の場であった結婚式は、家族や沢山の親戚、近所の方々までを招いて大々的に行うもので、時間も気力も消耗するものでもありました。このような状態の中で、最高の写真を撮影しようというのは実に大変で、満足のいく結婚写真が撮影出来なかったというカップルも少なくありません。

そのせいもあって、現代ではフォトウェディングの人気が高まっています。スケジュールや多数のゲストに翻弄されるかつての結婚式とは違い、お二人の結婚の思い出を写真として大切に残すことが出来ます。

挙式は行わない写真だけの結婚式

詳しくはこちら

最近では、挙式や披露宴は行わず、好きな衣裳を着て写真だけを撮るというフォトウェディングをするカップルが増えました。理由は「仕事が忙しくてすぐには結婚式を挙げられない」、「今は経済的にちょっと余裕がない」など人それぞれです。「今は難しいけれど将来的にはいつか結婚式を挙げたい」というカップルも、新婚時代のフレッシュな瞬間を残すために、フォトウェディングをするというケースも多くなっています。
それなりに値段も張ってしまう結婚式と比べると、フォトウェディングは手軽でリーズナブル。衣裳代やプロによるヘアセットを含めたメイク代、そしてプロカメラマンによる写真撮影代などだけで、モデル顔負けの素晴らしい写真を残すことが出来ます。

また、国内での撮影のみならず、ハワイなどの海外リゾートでのフォトウェディングも人気です。ハネムーンと結婚写真撮影を兼ねてハワイ旅行をするカップルも多いです。美しいビーチやタウンでの撮影は、日本にはないロケーションで、満足度の高い写真が撮影出来るでしょう。

挙式の前に写真を前撮り

挙式の前に写真を前撮り

結婚式当日というのは非日常的な1日。多くの方に囲まれ、想像以上に慌ただしく、緊張感もいっぱい。そのような中でも満足が出来る写真撮影をするのが理想的ですが、現実はなかなかそう簡単には出来ません。
そこで大人気なのが前撮りプランです。結婚式とは別日に撮影することで、自由にリラックスした状態で写真を撮ることが出来るので、満足いく写真を残せます。撮影を別日に行うことで、結婚式当日は撮影の事を気にしなくていいのもメリットです。

また、いろいろな種類の衣裳でウェディングフォトを残したい場合、結婚式で無理やりお色直しの時間を設けなくても、前撮りでは和装、結婚式ではウェディングドレスというようにすることで、お色直しの負担も減り心から結婚式を楽しむことが出来ます。
お二人の晴れの日である結婚式。一生の宝物になるような素晴らしい写真を残すなら、前撮りがおすすめです。