1. TOP
  2. お役立ちコンテンツ
  3. ティアラ選びのポイント

ティアラ選びのポイント

花嫁の幸せのシンボル、ティアラ すべての花嫁の幸せのシンボル、ティアラ。特別な日のための、特別なアイテムです。
ティアラの誕生は、古代エジプトにさかのぼり、当時の王族や貴族に敬意の印として、黄金に輝くティアラが捧げられたことが始まりと言われています。その後、19世紀にナポレオンの戴冠式にてティアラを採用したことから、ティアラは王侯貴族の必須アイテムとなりました。

かつてはプリンセスが身に着けていた、高貴なファッションアイテムのティアラ。結婚式は女性がプリンセスになれる人生で最高の日ですから、慎重にティアラを選びたいですね。
こちらでは、ティアラの選び方について記述致します。

ウェディングドレスとの相性

ウェディングドレスとの相性 まずは、結婚式で着るウェディングドレスとの相性を第一に考える選び方が大切です。
ドレスが華やかなら、ティアラはシンプルにするのが一般的。シンプルなウェディングドレスには、華やかなティアラで輝きを添えます。

また、ウェディングドレスにビーズやスパンコールなどの装飾がついている場合、ジュエリーまで同じ素材で揃える必要はありませんが、ティアラのテイストやモチーフを出来るだけ揃えると統一感が出ます。
例えば、繊細な刺繍でハートのモチーフが描かれたドレスには、ハートのモチーフがあしらわれたティアラを合わせると、 統一感が出てコーディネートがすっきりと決まります。

ベールとのバランス

ベールを付ける場合には、ベールとのバランスが重要になります。

ショートベールには…   ロングベールには…   マリアベールには…
ショートベールの軽快なイメージに合わせた、小ぶりのミニティアラやクラウン型のキュートなものがおすすめです ショートベール 厳かな教会式に似合う、長く豪華なベールには、スタンダードなタイプのティアラが合います。 ロングベール 高さがあまり出ないタイプのティアラが合います。特に、カチューシャタイプのティアラと相性が良いでしょう。 マリアベール

顔の形とのバランス

顔の形もティアラの選びには重要なポイントです。

卵型 卵型
ショートベールの軽快なイメージに合わせた、小ぶりのミニティアラやクラウン型のキュートなものがおすすめです。
長方形 長方形
長方形の方には、小さめでやや高さがあるティアラが似合います。また、ドロップタイプの長めのピアスを着けるなど、縦のラインを強調するとより良いでしょう。
面長 面長
面長の方は、なるべく高さが無い、低めのティアラがおすすめ。幅も広めのものを選びましょう。
また、ベールは肩くらいまでの長さが良いでしょう。
角型 角型
角型の方には、クラウン型など、高めのティアラがおすすめです。
また、ヘアスタイルもトップにボリュームを持たせると良いでしょう。
逆三角形型 逆三角形型
逆三角形型の方は、小さめのティアラなど、高さを多少出した方が似合います。
逆に、顔の横にはボリュームを付けずにすっきりまとめたほうが良いでしょう。