1. TOP
  2. お役立ちコンテンツ
  3. サムシングフォーとは

サムシングフォーとは

新婦に幸運が舞い込む習慣としてのサムシングフォー ウェディングでは新婦に幸運が舞い込む習慣として、サムシングフォーというおまじないがあるのをご存じでしょうか?
ヨーロッパに古くからあり、結婚式の当日に花嫁さんが
①何か古いもの ②何か新しいもの ③何か借りたもの ④何か青いもの
の4つを身に付けると生涯幸せになるとされています。

ドレスやタキシードなどウェディングアイテムを揃えると同時にぜひ用意したいものです。
このページでは、サムシングフォーについて具体的にどんなものがあるのかご紹介致します。

サムシングフォーで幸せな花嫁になる!

ヨーロッパに伝わる花嫁の幸せを願うサムシングフォーとは

結婚式にまつわる習慣やジンクスはそれぞれ地域や国でたくさんありますが、ヨーロッパに伝わる花嫁の幸せを願うサムシングフォーとは、どんなものなのでしょうか? 約200年以上も前から取り入れられているこのおまじないは、日本でも有名なイギリスの童謡集「マザー・グース」に収められている詩に由来しています。

(なにかひとつ古いもの、
 なにかひとつ新しいもの
 なにかひとつ借りたもの、
 なにかひとつ青いもの
 そして靴の中には6ペンス銀貨を)

1.サムシングオールド(何か古いもの)   2.サムシングニュー(何か新しいもの)   3.サムシングボロー(何か借りたもの)   4.サムシングブルー(何か青いもの)
結婚とはこれから新しい生活を送ること。その生活を豊かに遅れるよう先祖代々から伝えられたもの。祖母や母からジュエリーを譲り受けるということがヨーロッパでは一般的となっているようです。 結婚という新しい生活が幸せになるように願いを込めて新しいものを身に付けましょう。新しいものを購入出来る経済力を新たしい生活の象徴となり、新調するものであれば何でもよいとされています。 信頼の象徴として、幸せな生活を送っている方から幸運を分けてもらいましょう。友人からベールやハンカチを借りる場合も多いです。普段使用しているものがよいとされています。 幸運を呼ぶ色として、また聖母マリアのシンボルカラーとして知られるブルー。その他、花嫁の純潔や貞操を表しています。そのため、サムシングブルーは、人目につかないような場所に飾ります。

その他の幸せのジンクスから誕生したウェディングアイテム

幸せのジンクスから誕生したウェディングアイテム サムシングフォーの他にも花嫁が幸せになるジンクスは多数あり、ウェディングシーンで当たり前になっているアイテムや演出はたくさんあります。
ドレスやタキシードが決まったら、ジンクスや習わしなど過去の習慣を取り入れて幸せなウェディングを演出してみてはいかがでしょうか。
何気なく行っていることにもそれぞれ意味がありますのでチェックしてみましょう。

6ペンスコイン
6ペンスコイン サムシングフォーともにマザー・グースの詩に登場しています。花嫁の左足の靴に忍ばせると幸せに暮らせるとされています。現在、製造されていませんがネットやウェディングショップで手に入ることも。
フラワー・ライスシャワー
フラワー・ライスシャワー 挙式後に新郎新婦が教会から出て来た際に、ゲストがするのがフラワーシャワー、ライスシャワーです。花の香りで周りを清め、悪魔から新郎新婦を守るのがフラワーシャワーで、子孫繁栄のために行われるのがライスシャワーです。
ブーケトス
ブーケトス 挙式後に花嫁が後ろ向きになってゲストへブーケを投げる演出。いくつか説はありますが、14世紀のイギリスが起源とされています。ブーケを受け取った女性が次の花嫁になるという意味があります。
ガータートス
ガータートス ブーケトスの男性版と言われ、花嫁の左足に付けていたガーターを花婿が外して男性ゲストへ投げます。受け取った男性が次の花婿になると言われており、日本では2次会で行われることが多いです。