1. TOP
  2. お役立ちコンテンツ
  3. シューズ選びのポイント

シューズ選びのポイント

シューズ選びのポイント お洒落は足元からと言われていますが、ウェディング衣裳をお洒落に、そしてあなたらしくを表現出来るアイテムが、ウェディングシューズです。
同じウェディングドレスを着てみても、シューズを個性的にするだけで雰囲気がガラリと変わります。
ここではウェディングシューズ選びのポイントをご紹介致します。

ウェディングシューズを選ぶ前に

ウェディングシューズは、「デザインが気に入ったから」だけで決めてしまってはいけません。
ウェディングシューズには、ドレスを着た時の姿を綺麗に見せる役割があります。シューズの役割を活かす為にも、選ぶ前にチェックしておくポイントをご紹介します。

01.ドレスとのバランス
01.ドレスとのバランス ウェディングドレスは、10cmから12cmのヒールを履いた時に綺麗に見えるようにデザインされています。お選びになったドレス丈には何cm位のヒールがバランスが良いかなど確認しておきましょう。
02.新郎との身長差
02.新郎との身長差 お二人で並んで立った時の身長差を確認しましょう。ウェディングシューズには新郎との身長差を調整する役割もあります。
新郎と新婦の身長差は10cm〜15cm程度あると、バランス良く見えます。ハイヒールをはくと新郎とのバランスが悪くなってしまう場合はローヒールを選ぶ、逆に身長が低い新婦でしたら、少し高めのヒールを選び新郎とのバランスを取る、などすると良いでしょう。
03.履き心地
結婚式当日は長時間ウェディングシューズを履くことになります。また、立ち上がったり歩いたりする機会も多く、足への負担も想像以上です。デザインが気に入ったからといって購入しても、途中で靴擦れが出来てしまったら、痛くて、立ち姿や歩き姿が醜くなってしまいます。

歩きやすく、履き心地の良いシューズは、
・踵部分がご自分の足にフィットしている靴
・靴底のインソールが足になじむ靴
こちらを重視して選ぶと良いでしょう。
 

ウェディングシューズ選び

ウェディングシューズ選び

基本は白 ウェディングシューズの王道は、やはり白!純粋無垢な純白は花嫁の為の特別な色です。白のウェディングシューズでも、素材が変わると雰囲気が変わります。
エナメル・革・サテンなど、デザインと素材でお洒落に決めましょう。

カラーパンプスも人気上昇中 白いウェディングドレスから、チラリと見えるカラーパンプスは、お洒落な花嫁の間で流行中です。また、会場のテーマカラーに合わせたパンプスも選ぶのも、おすすめです。

特に人気の色は

  • 特に人気のカラーは赤いパンプスです。真っ赤なパンプスは純白のドレスに映えて、とってもキュートです。ペディキュアの色も赤で揃えてみてはいかがでしょうか。
  • ピンク ピンクのパンプスは、可愛らしさを表現しています。淡いピンクのフラワーで飾り付けた会場には、とってもマッチします。
  • ブルー 何か青いものを身に付けると幸せになれる「サムシングブルーの伝説」をご存知ですか?ブルーのパンプスを身に付けて、幸せになりましょう。
  • ゴールド ドレスからチラリと見える、ゴールドのパンプスはゴージャスなイメージです。大人の女性にピッタリです。

素材やデザイン

素材やデザイン

パンプスの素材もサテン・グリッター・クリスタル・本革・レースなど、素材が違うと雰囲気がガラリと変わります。最近ではシンデレラのお話に登場する「ガラスの靴」も購入できます。ご自身のウェディングドレスのイメージに合った素材やデザインを選ぶことが大切です。

最後に、式場で階段を降りたり、式場から披露宴会場まで距離があるなど、
予め式の演出で多く歩くことが分かっている場合は、
歩きやすさを重視したシューズを選ぶことをおすすめします。
ウェディングドレスの裾を踏まないように、スマートに歩くことは思いのほか大変なことです。

レンタルのシューズで済ませてしまう花嫁さんが多い中、あなたらしさを演出出来るアニバーサーリーシューズを選んで、人生の新しい一歩を踏み出して下さい。