1. TOP
  2. お役立ちコンテンツ
  3. ウェディングアイテムの意味

ウェディングアイテムの意味

ウェディングアイテム ウェディングアイテムとは結婚式を彩るアイテムの総称のことをいいます。ほとんどのアイテムが専門店はもちろん、百貨店などでも販売されている市販のもので充分揃いますが、最近の人気の傾向は、二人の個性を発揮できるハンドメイドです。
ウェディングドレスをレンタルしたら、ウェディングアイテムを選びましょう。
ここでは、レンタルドレスサロンプルメリア大阪のスタッフが理想のウェディングを実現させるためのウェディングアイテムに使われる小物たちと、それに込められた意味をご紹介します。

伝承されてきたアイテムたち
ウェディングアイテムのお話をする時に、「サムシングフォー」のことは避けて通れません。
  • something blue 何か青いもの
  • something new 何か新しいもの
  • something borrowed 何か借りたもの
  • something old 何か古いもの

「この4つを身に着けた花嫁は必ず幸せになれる」という言い伝えのこと。この「サムシングフォー」のように、結婚式を取り巻くウェディングアイテムの小物には、はるか昔からたくさんの意味が存在します。そして、その意味を知ることでもっと結婚式に深い想いを持てるはずでしょう。 ウェディングアイテムに意味のないものなんて何もありません。 花嫁たちが祈りを込め、伝承されてきたアイテムたちの一つ一つの意味を知り、それを噛み締め、結婚式をより一層素晴らしいものにしましょう。

サムシングフォーとは》

純白のウェディングドレス

純白のウェディングドレス 今では当たり前の純白のウェディングドレスですが、大昔の王族の結婚式では、ウェディングドレスは白ではなくゴージャスな濃い色が主流でした。現在のように、結婚式のドレスが白に定着したのは、イギリス王室のヴィクトリア女王の結婚式がきっかけとされています。
その時代の王族としては珍しい純白のドレスに華奢なベールをつけたスタイル。
そんなシンプルな装いで挙式に臨んだヴィクトリア女王はたちまち人気になり、「愛する人と結ばれる喜びに満ち溢れたその姿」に、多くの女性たちが夢中になりました。

このように、女性として本物の幸せを手に入れたヴィクトリア女王への憧れから、ウェディングドレス=純白が定着したと言われています。

リングピロー

リングピロー リングピローとは別名リングクッションとも呼ばれ、結婚式で新郎新婦の指輪を置いておくためのものです。このリングピローを二人の間に生まれてきた赤ちゃんの最初の枕にすると、その子は健やかに成長するという言い伝えがあります。

この話しの起源は不明ですが、結婚式という幸せな日に使ったアイテムを、生まれてきた赤ちゃんのために使うというのは大きな意味があるでしょう。

ウエディングベアー

ウエディングベアー ウエディングベアーとは、結婚式場会場受付などに新郎新婦の代わりにおかれている熊のぬいぐるみのことをいいます。熊を使うのは可愛らしいからだけではなく、さまざまな意味を持ちます。例えば熊は母性愛が強いことから、良い母親になれるという意味と子宝にも恵まれるという意味もあります。 また、魔除けになるという言い伝えも。 近年では、結婚式のお祝いとして友人からプレゼントされたり、新郎新婦で手作りしたりするカップルも多くいます。

ウェルカムドールについて》