1. TOP
  2. お役立ちコンテンツ
  3. ヘッドドレスの種類

ヘッドドレスの種類

花嫁さんたちのウェディングドレス姿をより華やかに引き立ててくれる「ヘッドドレス」。
プルメリア大阪スカイビューサロンで結婚式のレンタルドレスが決まったら、次はヘッドドレスを選びましょう。
ウェディングドレスもそうですが、ヘッドドレスも普段から使うものではないだけに、こだわりたいけれどどんな種類があるのかわからないという花嫁さんも少なくないかもしれません。
このページでは、ヘッドドレスの種類についてご案内します。

ティアラ

もともとは「宝冠」を意味する正装用の髪飾りのことで、今でも貴族や皇族の婚儀で使われています。あのキャサリン妃が着けていたのもティアラでした。
もちろん一般の結婚式でも定番のヘッドドレスで、最も多くの花嫁に選ばれています。
バラエティが豊かなのもティアラの魅力のひとつで、宝石をちりばめた豪華なものからビーズを使ったクラシカルなものまでさまざまな。

クラウン

「王冠」を意味するクラウンもティアラと並ぶ定番ヘッドドレスで、同じくゴージャスタイプからカジュアルタイプまでバリエーション豊富。中でも人気が高いのは直径10cm前後の小ぶりのクラウンで、頭のてっぺんや斜めにちょこんと乗せるだけで、キュートな印象にしてくれます。
アップスタイルにもダウンスタイルにもぴったりです。

ボンネ

小さな女性用の帽子のことで、白い布でできた楕円形のタイプが定番ですが、近頃ではビシューやフェザーをあしらった大ぶりなものやリボン型も増えています。
着ける位置によって印象が大きく変わるアイテムなので、ヘアアレンジに合わせて工夫しましょう。
ウィッグやベールとの境目を隠すために使うのもおすすめ。

カチューシャ

普段から馴染みのあるアイテムですが、ウェディングにも活躍してくれます。パールやビーズなど、レンタルしたウェディングドレスとモチーフを合わせると良いでしょう。ウィッグやエクステの境目隠しとして着けても自然でキュートな印象に。リボンカチューシャやバックカチューシャも人気です。

本物の花をヘッドドレスにするのも人気です。色や大きさの選択肢は無限で、選び方でイメージも大きく違ってきます。ブーケと統一できるのも花を使ったヘッドドレスならでは。
アレンジヘアにちりばめて差してみたり、大きな花を目立つ所に差してインパクトを狙ったり、会場コーデに合わせるのも良いでしょう。

ラリエット

近ごろ、新たなヘッドドレスとして注目が集まっているのがラリエット。もともとネックレスとして使用しているチェーンアクセサリーなので、フロントに限らずバックまで360度アレンジできる自由度の高さが魅力です。
大きく華やかなモチーフでクールに、小さくシンプルなモチーフで柔らかく、イメージも自分次第。マリアベールと相性が良いので、使う予定の花嫁さんにはぜひラリエットをおすすめします。