1. TOP
  2. お役立ちコンテンツ
  3. ブライダルインナーの種類

ブライダルインナーの種類

ブライダルインナーの種類 女性の永遠の憧れでもあるメリハリのあるボディライン。
特に結婚式なら、その想いが最も強いでしょう。
そこで大切なのが、「一生に一度だから一番美しい姿になりたい」という花嫁の願いを叶えてくれるブライダルインナーです。
もともとウェディングドレスは、欧米人の体型に合わせて作られたもの。
そのため、日本人が着るとメリハリがなくなってしまうことから開発されたものです。
脇からはみ出たお肉やバストのカップの差異で、大切な挙式や披露宴に集中出来なかった…と後悔が残ってしまったらとても残念。だからこそ、自分の体型を最高に美しくボディメイクし、お気に入りのウェディングドレスをより美しく着こなせる、あなたにとっての最強ブライダルインナーを見つけることが大切なのです。
ここでは、ブライダル当日をさらに美しく最高の笑顔で迎えられるためのブライダルインナーの種類と組み合わせ方をご紹介します。

ブライダルインナーの種類

ウェディングドレスのデザインやシルエット、花嫁の体型によって様々なブライダルインナーが各メーカーから用意されています。基本的には以下になります。

ビスチェ
ビスチェ ストラップや肩紐のない、一般的にはウエストまでの丈の短い下着のことです。ワイヤーでバストのシルエットを整え、強調することでウェディングドレスのバランスをより美しく見せてくれるのが特徴。 特に、マーメイドラインやスレンダーラインといった、体の線が出やすいドレスに最適です。但し、胸とウエストのサイズに大きな差がありすぎる人は避けた方が無難でしょう。
ブラジャー
ブラジャー 通常のブラジャーよりも縦に長いことが特長で、アンダーバストを肋骨周辺から補正します。 また、ドレスの着用を見越して背中の空きは深めにとっています。胸部の補正に特化しているので、ウエストなどには影響がありませんが、バストの補正力には大きな期待が出来ます。 そのため、ウエスト周りがあまり絞られていないデザインのウェディングドレスなら、ブラジャー選びに重点を置くのも一つの作戦です。
ウエストニッパー
ウエストニッパー ウエストニッパーは別名コルセットとも呼ばれ、ウエストのくびれの補正をするのが最大の目的です。ほとんどの場合、縦のラインに固めの素材が入っていて、調整ホックを一つ一つ留めながら、お腹周りを強烈に締め上げてくれます。そのため、体にしっかりフィットし、より美しいウエストラインを作ることができます。締め具合によって苦しさはありますが、効果は歴然でしょう。
ロングガードル
ロングガードル 普段の下着でもおなじみのロングガードルですが、ブライダルインナーなら、より下腹やお尻、太ももなどの特に気になる部分を強力にシェイプアップし、美しい下半身ラインを作ってくれます。また、姿勢補正の効果も期待出来ます。特に、ボディラインを強調するマーメイドラインやスレンダーラインならブライダル専用のロングガードルがその効果を発揮。履いてみると歴然の差が出ます。
フレアパンツ
フレアパンツ 特に補正をする目的で身につけるものではありませんが、必ず準備しておくことがおすすめです。ドレス店での試着経験のある方なら分かると思いますが、基本的に、花嫁さんはドレスの着付けの際は、インナー姿にならなければなりません。そのため、マナー的にもフレアパンツが便利。また、ドレスによってはパニエの生地などが直接肌に触れる場合もあり、肌が弱い人は肌がかぶれたりすることもあるので、地肌を守るためにも用意するのがおすすめです。
 

ブライダルインナーの種類

一人一人の体型や、その方のなりたい姿によって組み合わせ方は無限大ですが、おすすめのブライダルインナーの組み合わせは以下になります。

ビスチェ+ロングガードル+フレアパンツビスチェ+ロングガードル+フレアパンツ ほとんどのウェディングドレスに合う、ブライダルインナーの基本の組み合わせ方です。 ビスチェのデザインはドレスの丈やシルエットに合わせて、短い丈の「ショートビスチェ」や体に馴染む「レースアップビスチェ」などから選びましょう。 また、「マタニティビスチェ」もあり、種類も豊富です。

 

ブラジャー+ウエストニッパー+ロングガードル+フレアパンツ

ブラジャー+ウエストニッパー+ロングガードル+フレアパンツ ウエストニッパーの力で強力にボディラインを上に押し上げ、更にブラジャーで補正力を高められるので、多少苦しくてもパーツごとをより美しく見せたい方におすすめの組み合わせです。バストラインやウエストのラインなど、女性が一番美しく見せたいボディラインをしっかりボディメイクし、メリハリのある体型を作れるのが特徴です。